top of page

医療・介護関係者の研修会を開催しました。

7月21日(金)18時から「最期までその人らしい人生を支えるための人生会議について」と題し、関係機関を対象とした研修会を開催しました。遅い時間でしたが、30人を越える参加者で、グループでの意見交換も活発でした。講師の関わった方々への思い、自身のご家族への思いの詰まった、実践に基づくわかりやすい講義で、うなづきながら聞く参加者が多く見られました。

 参加された皆さんからは、「元気なうちから考えられるための周知が必要」「看取りボランティアがあれば在宅看取りが可能になるかも」など、前向きな意見もいただきました。

土佐清水在宅医療多職種連携協議会における協議につなげ、周知していく方法や体制づくりを進めていきます。





最新記事

すべて表示

5/13ヘルパー連絡会を開催しました。

土佐清水市の事業所で、高齢者の自宅に訪問しているヘルパー事業所は3か所となりました。ヘルパーさんの数も年々減り、高齢化も進んでいます。でも、みなさんの在宅介護を支えたい気持ちは変わっていません。 3事業所のサービス提供責任者や管理者が集まり、高知県ヘルパー連絡協議会荒川会長にも参加いただき情報共有や情報交換をおこないました。新しく管理者になったヘルパーさんも参加され、研修会の開催方法や内容の情報共

Comments


bottom of page