top of page

医療・介護関係者の情報共有

6月5日、土佐清水市の医療機関・介護施設の代表者が集まり、情報共有の仕組みについて話し合いました。

関係機関の情報共有における「はたまるねっと」の有効活用について、今ある課題や現状を確認しました。

また、土佐清水市にお住いの高齢者のみなさんが、人生の最期をどこでどのように迎えるのか、選択できる仕組みが必要であると意見が一致しています。本人や家族が人生の終末に希望する医療とケアを選択できるよう、必要な準備をすすめていく予定です。



最新記事

すべて表示

5/13ヘルパー連絡会を開催しました。

土佐清水市の事業所で、高齢者の自宅に訪問しているヘルパー事業所は3か所となりました。ヘルパーさんの数も年々減り、高齢化も進んでいます。でも、みなさんの在宅介護を支えたい気持ちは変わっていません。 3事業所のサービス提供責任者や管理者が集まり、高知県ヘルパー連絡協議会荒川会長にも参加いただき情報共有や情報交換をおこないました。新しく管理者になったヘルパーさんも参加され、研修会の開催方法や内容の情報共

Comments


bottom of page